ちょいネタ!

おたるすいぞくかんのちょいネタ!

ちょいネタ!

あざらし2020.11.17
食べまくりです

コマイ道場が閉鎖して

もう1か月が過ぎていました。

 

カレイ修業をしていた「カツオ」ちゃんは

あのあと「ルッツ」と同居を開始して

2頭で暮らしていました。

 

お客様からイカナゴを

たくさんたくさんもらって暮らしているので

すでにカレイは食べなくなりました(笑)

また必要になったら修業するしかないですね。

 

 

そして、本日から

隣のプールにいた「のぞみ」「モモたろう」「もさお」「ワカナ」と

合流しました。

 

 

お兄さんアザラシたちに混ざって

お客様から魚をもらおうと寄っていくカツオちゃん(手前)

 

しかし、お兄さんたちの勢いについていけず、

プールの端まで戻ってきました。(右下)

 

無理でした、というような顔で

こちらを見てきます。

 

とはいえ、ずっとイカナゴ生活をしていたので

体型はかーなーりころころしています。

 

 

カツオちゃんと2頭、イカナゴ食べまくり生活をしていた

ルッツも

 

ころころです。

体はころころで

小さい頭と

短い前肢がちょんちょんとついています(笑)

 

ちなみに、2年前に野生から保護されたルッツは

鼻が短くて、目が離れていて

犬でいうとパグみたいな顔をしているのが

特徴です◎

 

 

【海獣飼育課 濵】

 

 

 

さかなとか2020.11.11
ホッケの繁殖がはじまりました。

 

 

YouTube おたる水族館_公式チャンネル をご覧の方はご存じかと思いますが

11月6日に今シーズン初めてのホッケの繁殖(産卵・放精)がありました!

 

 

 

しかも、ライブ配信で決定的瞬間もご覧いただけました。

↓こちらは産卵・放精の瞬間を切り取った動画です。

 

 

 

ホッケはふ化するまで、オスが卵を保護するのですが

↓卵を保護するホッケ

 

 

 

今回は育成のため、バックヤードへ移動して保管しています。

 

 

 

そして今日、また水槽の中が騒がしいなぁ・・・

 

 

 

と思っていると

新たに卵が見つかりました!

 

もしかしたらすでに ご覧になったお客様もいるかもしれませんね。

 

今回もそのうち 育成のためにバックヤードへ移動しようと思っているのですが

しばらくはオスに頑張ってもらおうかな?

 

 

あ! 卵といえば

先日お伝えしたサケの卵ですが・・・

 

 

 

まだ確信が持てないのですが、発眼(卵の中で眼ができること)したようです。

う~ん。

もう少し、様子を見てまたお伝えいたしますね。

 

追伸:今日は「鮭の日」です。

 

【魚類飼育課 髙橋】

さかなとか2020.10.30
サケの卵

10月15日から展示していたサケたちは

水槽内で産卵して、ペア(メスだけ)を変えて飼育を継続していましたが、

10月30日の朝には2尾とも活動が弱くなっていたため、展示を終了しました。

 

その後、人工授精も試みましたが

卵も精子も良い時期を過ぎていたようで受精はできませんでした。

 

ですが最初のペアが残した卵はバックヤードで保管しています。

こちらも受精率は低かったのですが、ご覧の数は受精しているようです。

 

予定では11月9日頃には卵の中に眼が見える(発眼)かと思いますので、

その時にはまたお知らせしますね。

 

楽しみです!

【魚類飼育課 髙橋】

とり2020.10.29
今年もそんな季節です。

北海道はもうだいぶ気温が下がりました。

 

海獣公園は風も割と強く吹いているので

結構寒いです。

結構というか、寒いです。

ご来館される方は防寒をしっかりして

お越し下さいね◎

 

 

気温が下がれば

海獣公園ではこんな光景が見られるようになります。

 

外で過ごすジェンツーペンギンです!

 

ジェンツーペンギンは南極大陸周辺の

非常に寒い地域に生息する種類なので

暑い時期は室内でクーラーを付けないと飼育が困難です。

 

ですが、気温が15℃以下くらいになれば

外に出せます。

 

ガラス越しでないジェンツーペンギンを

ご覧いただくことができます!

 

 

ちなみにフンボルトペンギンも一緒にいます。

 

ジェンツーペンギンと一緒に泳ぐ

フンボルトペンギンが見られたり、

 

フンボルトペンギンと一緒に泳ぐ

ジェンツーペンギンが見られたりしちゃいます!

 

 

本格的な冬の間は

海獣公園が閉鎖になるので

フンボルトペンギンとジェンツーペンギンを一緒に見ることができるのは

この時期と春先だけですよ。

 

 

【海獣飼育課 濵】

 

さかなとか2020.10.28
サケ(シロザケ)が産卵しました!

当館では、10月15日よりサケ(シロザケ)の展示を開始しております。

 

オスとメスを水槽に入れ、来館者の皆様やYoutubeでのライブ配信をご覧になった

方々と共に産卵を心待ちにしていたところ・・・

ついに23日の夜~24日朝にかけて産卵が行われました!

 

残念ながら産んだ瞬間の映像は撮れなかったのですが、

水槽で産んだ卵は回収し、孵化するまでバックヤードで

大事に育てています。

 

 

回収した際の動画はコチラ↓

深いところだと30㎝程の深さまで埋まっていました。

 

 

魚類飼育課 にいの

 

 

 

 

 

 

 

 

さかなとか2020.10.21
今日は何がいる?

 

10月15日からは、

 

サケの展示が始まりました!

 

 

水族館にも秋の訪れを感じます(^^)

 

 

そして、今日の海獣公園のトドショープールには…

 

 

カタクチイワシかな?チカかな?

種類は確定できませんが、小さな魚が!

 

 

 

他にも、ソイの幼魚が群れをつくっていました。

 

 

ここ最近頻繁に見られる生きものたちですが、

 

 

非常に透明度が高くて、形もしっかり見えました!

 

 

 

 

そんなところで、私の視界に飛び込んできたのは…

 

 

 

 

サヨリーーーーーーーーー!!!!

 

実は群れで泳いでいたのですが、

その時カメラを持っておらず、

カメラを取って戻る頃には遠くの方へ行ってしまいました…。

(画像見づらくてすみません)

 

野生の生きものを取るのは、そう簡単にはいきませんね…(‘_’)

 

細長い体で、比較的水深の深い場所でゆったりと泳いでいました。

 

そしてそして!こんな生きものも…!!

 

 

 

イカ!!!!!!!

 

5㎝くらいの小さな小さなイカが…。

 

少し距離がある+サイズ小さいので、画像とても見づらいと思います…

(もしよかったら画像タップして拡大して見てみてください…)

 

態勢を変えながら小さな体で水面を力強く泳いでいました(^^)

 

 

他にも、

写真にはありませんが、イシダイやフグも来ていました。

 

水温が下がると

見られる生きものが少しずつ少なくなりますが、

 

是非、海の中ものぞいてみてくださいね(^^)

 

【おまけ】

 

わくわく水槽には、

 

今年も『マツモムシ』がやってきていました!

 

 

 

【魚類飼育課 佐藤】

 

 

 

 

 

あざらし2020.10.09
また春に

毎年恒例の

アザラシの引っ越しが

昨日終わりました。

 

冬の日本海は荒れに荒れて、

アザラシたちが波にさらわれてしまう可能性があるため、

冬の間は高台のプールに避難させています。

 

引っ越しに向けて

一カ所に集められたアザラシたち

 

毎年のことなので

アザラシたちも緊張することもなく

余裕の表情で待ち時間を過ごしていました。

 

 

順番に引っ越し用の檻に入っていきます。

 

クレーン車で吊り上げたら、

冬用プールで移動です。

 

クレーン車待ちのアザラシたち。

 

今年生まれの「カツオ」の

お父さん「なみへい」(右)と

お母さんの「かーさん」を発見しました◎

 

 

無事にみんな冬用のプールに引っ越すことができました。

引っ越し後も魚をしっかり食べて元気そうでした!

 

春まではお客様にご覧いただくことはできませんが、

元気に冬を越せるように飼育員一同頑張ります!

 

 

おまけの1枚

「なみへい」に似てきた「カツオ」ちゃん

 

 

【海獣飼育課 濵】

あざらし2020.10.05
祝 卒業!

お久しぶりです。

コマイ道場です。

 

ついに、この日がきました。

 

 

その前に・・・

 

 

1週間前の「カツオ」ちゃんです。

 

実は、この日から

切っていないカレイを急にばくばく食べ始めました。

それまでは、食べたかも程度だったのが、

本当に急に食べ始めたんです。

 

そこで、カツオちゃんには最終試験を受けてもらいました。

この日から1週間、切っていないカレイだけを食べて生活してもらう

という試験です。

 

 

そして、今日が最終日でした。

 

カレイ待ちのカツオちゃん。

 

 

お魚くわえたカツオちゃん~♪

 

 

 

 

食べまくっています。

 

 

ちなみに、カツオちゃんが

何故、急に切っていないカレイを食べたのかというと

 

カレイの食べ方がようやく分かったからです。

 

でも、私たちが思っていたものとは違いました。

他のアザラシたちと同じように

前肢を使ってちぎりながら食べるようになると思っていたのですが、

カツオちゃん独自の食べ方を編み出しました。

 

カレイを噛み噛みしながら、器用に折りたたんで食べるんです(笑)

器用すぎる、カツオちゃん。

 

それを編み出してからは、ばくばく食べました。

 

 

先ほど、最後のカレイを食べ終えたのを

無事に見届けて

約3ヶ月半の長かった修業が終了しました。

ついに卒業です。

 

コマイ道場の看板も取り外しました。

 

明日からは、カツオちゃんの餌やりも解禁です!

ときどきカレイはあげようと思います(笑)

 

カツオちゃん、おめでとう!

 

 

【海獣飼育課 濵】

とり2020.09.17
元気が有り余っています

今年生まれのフンボルトペンギン「ハルキ」さん。

 

今日はひたすら他のペンギンを追いかける遊びをしていました。

名付けて、勝手に鬼ごっこ!

追いかけられるほうはとても迷惑そうです。

 

すごい勢いで追いかけてきます。

 

逃げるほうも必死です。

 

逃げる「おカル」

 

おカルを見失う「ハルキ」さん。

 

「はっさく」や「バウアー」も同じように追いかけられていました。

しかもめちゃくちゃしつこい。

 

次のターゲットを探すハルキさん。

他のペンギンたちはハルキさんと目を合わせないようにしています。

 

誰もがハルキさんと関わらないようにしています。

 

誰も遊んでくれなくなったハルキさんは

なんだか切なく見えました(笑)

 

まだ0歳、こどものハルキさんは

体力が有り余っているようです。

 

 

【海獣飼育課 濵】

あざらし2020.09.11
まだ

まだコマイ道場にいる「カツオ」ちゃんです。

 

最近は切っていないカレイも

あげてみたりしているのですが、

 

 

 

カレイを無視して

戻ってきます。

 

これじゃない餌を要求してきます。

 

 

取り残されたカレイが

なんとも切ないです…

 

 

その後も切っていないカレイを

あげ続けたら、

 

 

いじけてしまいました。

とても不満そうです。

 

 

まだ卒業の時ではなかったようです。

だいぶ頑張っているとは思うのですが、

あと少しが進みません。

 

明日も頑張りましょう。

 

 

【海獣飼育課 濵】

3 / 87«1234567»