ちょいネタ!

おたるすいぞくかんのちょいネタ!

ちょいネタ!

さかなとか2020.10.21
今日は何がいる?

 

10月15日からは、

 

サケの展示が始まりました!

 

 

水族館にも秋の訪れを感じます(^^)

 

 

そして、今日の海獣公園のトドショープールには…

 

 

カタクチイワシかな?チカかな?

種類は確定できませんが、小さな魚が!

 

 

 

他にも、ソイの幼魚が群れをつくっていました。

 

 

ここ最近頻繁に見られる生きものたちですが、

 

 

非常に透明度が高くて、形もしっかり見えました!

 

 

 

 

そんなところで、私の視界に飛び込んできたのは…

 

 

 

 

サヨリーーーーーーーーー!!!!

 

実は群れで泳いでいたのですが、

その時カメラを持っておらず、

カメラを取って戻る頃には遠くの方へ行ってしまいました…。

(画像見づらくてすみません)

 

野生の生きものを取るのは、そう簡単にはいきませんね…(‘_’)

 

細長い体で、比較的水深の深い場所でゆったりと泳いでいました。

 

そしてそして!こんな生きものも…!!

 

 

 

イカ!!!!!!!

 

5㎝くらいの小さな小さなイカが…。

 

少し距離がある+サイズ小さいので、画像とても見づらいと思います…

(もしよかったら画像タップして拡大して見てみてください…)

 

態勢を変えながら小さな体で水面を力強く泳いでいました(^^)

 

 

他にも、

写真にはありませんが、イシダイやフグも来ていました。

 

水温が下がると

見られる生きものが少しずつ少なくなりますが、

 

是非、海の中ものぞいてみてくださいね(^^)

 

【おまけ】

 

わくわく水槽には、

 

今年も『マツモムシ』がやってきていました!

 

 

 

【魚類飼育課 佐藤】

 

 

 

 

 

あざらし2020.10.09
また春に

毎年恒例の

アザラシの引っ越しが

昨日終わりました。

 

冬の日本海は荒れに荒れて、

アザラシたちが波にさらわれてしまう可能性があるため、

冬の間は高台のプールに避難させています。

 

引っ越しに向けて

一カ所に集められたアザラシたち

 

毎年のことなので

アザラシたちも緊張することもなく

余裕の表情で待ち時間を過ごしていました。

 

 

順番に引っ越し用の檻に入っていきます。

 

クレーン車で吊り上げたら、

冬用プールで移動です。

 

クレーン車待ちのアザラシたち。

 

今年生まれの「カツオ」の

お父さん「なみへい」(右)と

お母さんの「かーさん」を発見しました◎

 

 

無事にみんな冬用のプールに引っ越すことができました。

引っ越し後も魚をしっかり食べて元気そうでした!

 

春まではお客様にご覧いただくことはできませんが、

元気に冬を越せるように飼育員一同頑張ります!

 

 

おまけの1枚

「なみへい」に似てきた「カツオ」ちゃん

 

 

【海獣飼育課 濵】

あざらし2020.10.05
祝 卒業!

お久しぶりです。

コマイ道場です。

 

ついに、この日がきました。

 

 

その前に・・・

 

 

1週間前の「カツオ」ちゃんです。

 

実は、この日から

切っていないカレイを急にばくばく食べ始めました。

それまでは、食べたかも程度だったのが、

本当に急に食べ始めたんです。

 

そこで、カツオちゃんには最終試験を受けてもらいました。

この日から1週間、切っていないカレイだけを食べて生活してもらう

という試験です。

 

 

そして、今日が最終日でした。

 

カレイ待ちのカツオちゃん。

 

 

お魚くわえたカツオちゃん~♪

 

 

 

 

食べまくっています。

 

 

ちなみに、カツオちゃんが

何故、急に切っていないカレイを食べたのかというと

 

カレイの食べ方がようやく分かったからです。

 

でも、私たちが思っていたものとは違いました。

他のアザラシたちと同じように

前肢を使ってちぎりながら食べるようになると思っていたのですが、

カツオちゃん独自の食べ方を編み出しました。

 

カレイを噛み噛みしながら、器用に折りたたんで食べるんです(笑)

器用すぎる、カツオちゃん。

 

それを編み出してからは、ばくばく食べました。

 

 

先ほど、最後のカレイを食べ終えたのを

無事に見届けて

約3ヶ月半の長かった修業が終了しました。

ついに卒業です。

 

コマイ道場の看板も取り外しました。

 

明日からは、カツオちゃんの餌やりも解禁です!

ときどきカレイはあげようと思います(笑)

 

カツオちゃん、おめでとう!

 

 

【海獣飼育課 濵】

とり2020.09.17
元気が有り余っています

今年生まれのフンボルトペンギン「ハルキ」さん。

 

今日はひたすら他のペンギンを追いかける遊びをしていました。

名付けて、勝手に鬼ごっこ!

追いかけられるほうはとても迷惑そうです。

 

すごい勢いで追いかけてきます。

 

逃げるほうも必死です。

 

逃げる「おカル」

 

おカルを見失う「ハルキ」さん。

 

「はっさく」や「バウアー」も同じように追いかけられていました。

しかもめちゃくちゃしつこい。

 

次のターゲットを探すハルキさん。

他のペンギンたちはハルキさんと目を合わせないようにしています。

 

誰もがハルキさんと関わらないようにしています。

 

誰も遊んでくれなくなったハルキさんは

なんだか切なく見えました(笑)

 

まだ0歳、こどものハルキさんは

体力が有り余っているようです。

 

 

【海獣飼育課 濵】

あざらし2020.09.11
まだ

まだコマイ道場にいる「カツオ」ちゃんです。

 

最近は切っていないカレイも

あげてみたりしているのですが、

 

 

 

カレイを無視して

戻ってきます。

 

これじゃない餌を要求してきます。

 

 

取り残されたカレイが

なんとも切ないです…

 

 

その後も切っていないカレイを

あげ続けたら、

 

 

いじけてしまいました。

とても不満そうです。

 

 

まだ卒業の時ではなかったようです。

だいぶ頑張っているとは思うのですが、

あと少しが進みません。

 

明日も頑張りましょう。

 

 

【海獣飼育課 濵】

あざらし2020.09.07
赤ちゃんじゃありません!

海獣公園のアザラシ館には

2頭のアザラシがいるのですが、

 

ワモンアザラシという種類で

世界18種類いるアザラシのなかで最小種なのです。

 

それゆえに

よく赤ちゃんアザラシだと

誤解されてしまうのですが、

 

当館の「ルル」と「ピセ」は

もう立派なおとなのアザラシです◎

 

ルルは目が近いです。

ちなみにおたる水族館生まれですよ。

 

 

 

 

なんか、

笑顔が引きつっている人みたいな写真になってしまいました(笑)

 

性格的にはビビり体質です。

びっくりしている時の顔も可愛いんですけど。

 

 

「ピセ」は好奇心旺盛で

人にも割と寄ってきます。

 

ルルに比べると

ふわっとした顔をしています。

 

 

可愛いけど、

赤ちゃんではありません。

 

 

今年生まれたのは

コマイ道場にいる「カツオ」ちゃんです!

 

 

おまけの一枚

風船みたいなルル

 

 

【海獣飼育課 濵】

 

とり2020.09.01
眠いんだね?

腹筋ペンギンで

有名になった「へい」ちゃん。

換羽も終わって、今が一番きれいなへいちゃんです。

 

少し翼をぱたぱたさせた後、

この体勢のまま動かなくなりました。

 

生で見ていても

静止画のように動きません。

 

しばらく見ていると

 

足元にやってきて

 

ジェンツーペンギン特有の

「はぁぁぁぁ」といいながらお辞儀をする

挨拶をしてくれました。

 

ずっと近くにいるけど、

目を閉じて

なんか頭が時々下に下がる…

 

ちょうど人が眠い時に

頭がこっくりこっくりするような

 

ZZZ

 

そのまま寝てしまいました(笑)

やっぱり眠かったみたいです。

 

おまけの一枚

「マイケル」の尾羽が少し伸びてきました!

あざらし2020.08.17
コマイ道場ですけれども

どうもコマイ道場です。

 

実は

まだ

「カツオ」ちゃんが修業しています。

 

 

でも、だいぶカレイを食べられるようになってきて

以前はホッケを混ぜながらやっておりましたが、

最近はカレイだけでも食べてくれるようになりました◎

 

 

 

 

まだ切ったカレイしか食べられませんが、

それでもしっかり食べています。

 

カレイの食いが良すぎて

写真に撮るのも一苦労。

あげたらすぐ食べちゃう。

もはや食べ終わったあとの写真ばっかり撮れちゃう。

 

 

そのくらい、

カツオちゃんがカレイを克服してきたということですね!

 

あとは細く切っているカレイを

少しずつ太くしていって

切っていないカレイを食べられるようになれば

卒業できるのですが…

 

カツオちゃんが食べられるようになるのが先か

カレイの在庫がなくなるのが先か…(笑)

 

明日もがんばれ、カツオちゃん!

 

【海獣飼育課 濵】

とり2020.08.13
おとなのかお

これは・・・

 

 

そうです。

ほぼ換羽が終了した「マイケル」です。

 

初めての換羽を無事終えようとしています。

 

ほぼ、というのは

尾羽がまだ生えてきていないからです。

尾羽のないぷりぷりのお尻です。

 

目の周りもしっかり白く縁どられ、

頭のの帯模様も太くしっかりつながりました。

 

おとなの顔です。

 

他のペンギン達も続々と

換羽に入っています。

 

 

「せい」ちゃん。

換羽中は顔が別人(鳥)になるので

その時のポーズによっては

個体識別にちょっと自信がないです…

 

換羽中は翼に付けている名前のバンドも取っています。

 

「ナディ」さん。

 

こちらは腹筋ペンギンで話題の

「へい」ちゃん。

 

しかもこの3羽は姉弟なので

顔も似ていてよりわかりづらいです。

 

 

まもなく羽が抜け始める予定の「ピースケ」。

換羽前でプールに入っていないせいか

全体的に黄ばんでいます。

 

 

最後に

まだ換羽に入っていない「のん」ちゃん。

 

みんな無事に抜けかわってほしいです。

 

 

【海獣飼育課 濵】

 

 

さかなとか2020.08.02
今日は何がいる?(夕方編)

 

本日も営業時間を延長して、夜の水族館開催中です!

 

せっかくなので、夕方の海を観察してみました。

 

 

トドショープールの中に…

 

 

海藻が浮いています…

 

 

ん……?

 

 

ヨウジウオ!!

 

 

以前も少し紹介しましたが、しっかりと直立で泳いでいますね。

 

 

ウグイの群れが下をワラワラと通っても

 

 

動じずに、泳いでいました(^^)

 

そして、

 

 

こちら!

 

…見えますか?

 

 

アメフラシ!!

 

去年の今時期は大きなアメフラシも見ることが出来ていましたが、

 

今年は卵は見つかるものの、

アメフラシ自体は見られていなかったんです。

 

毎日観察している館長もなかなか見つけられず、

「今年は時期が少し遅いのかもなぁ」「毎年少しずつ違うんだな!」

なんて楽しそうに話していました。

 

ちなみに、アメフラシの卵はこんな感じです。

 

 

紐状になっているのですが、

この見た目から「ウミソウメン」とも呼ばれています。

 

この卵は黄色がかっていますが、オレンジ色のものもあるんです。

 

「ウミソウメン」はアザラシのオスプールやケアプールでみることが出来ますよ。

 

夏は海の透明度も非常にいいので、深くまでよく見えます!

是非海の中ものぞいてみてくださいね。

 

 

 

 

最後にウミタナゴの幼魚とアメフラシの一枚を添えておきます(^^)

 

【魚類飼育課 佐藤】

1 / 8512345»