おたるすいぞくかんのちょいネタ!

アーカイブ

ただいま休館中。

おたる水族館ただいま休館中です。

 

のんびりとした日々を過ごしています。

・・・と言いたいところですが、

春のオープンに向けての準備で大忙しです!

 

3月18日(土)から営業開始です。お会いできるのを楽しみにしています!

 

[海獣飼育課 大野木]

冬の天気

今朝はホントにいい天気!

スカッと晴れています!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

と思いきや・・・

 

お昼にはこの天気。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

同じ日とは思えない・・・。

冬の天気は変わりやすいのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しんしんと雪が降っています。

 

ペンギンたちには絶好の「トボガン日和」です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雪の上をたくましく歩くペンギンを見習って

我々も寒さに負けず

ペンギン広場にあるこの道具を使って雪遊びをしましょう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

スコップにソリ、ワクワクするものがたくさんあります。

 

本州からお越しのお客様で使い方がわからなければ

近くのスタッフに声をかけてくださいね!

 

使いなれた道産子スタッフがレクチャーいたします。

 

・・・ちなみに私は本州出身です。

 

[海獣飼育課 大野木]

今年の干支は・・・

さぁ!2017年の幕開けです!

 

今年は・・・

バンッ♪

 

%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%9f%e3%82%8d%e3%81%86_r

 

「酉年」です!かんたろう仁王立ちです!

 

嬉しくてうれしくていつもより激しめに羽ばたいちゃいますよ~!!

%e7%be%bd%e3%81%b0%e3%81%9f%e3%81%8d_r

 

 

ペリカンの館内ウォークは

13時50分からスタートです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縁起のいいペリカンたちを是非ご覧ください!

 

[海獣飼育課 大野木]

ごっこ と どんこ

「旬のおいし槽」コーナーで新しい魚種の展示を始めました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

まずご紹介するのがこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごっこ。(標準和名:ホテイウオ)

 

まん丸な体が特徴的なこの魚、

フウセンウオと同じダンゴウオ科魚類の中では日本最大になる種です。

 

見た目のインパクトが強いですが、

北海道や東北地方の一部では汁物を中心に食されています。

 

私も道南・恵山で「ごっこ汁」で食べたことがありますが、

プルプルした食感で大変美味しかったのを覚えています。

 

ごっこ汁↓

%e3%82%b4%e3%83%83%e3%82%b3%e6%b1%81

 

旬は冬。

 

北海道民の皆様は

スーパーなどで見かけることもあるかもしれません。

 

 

 

そして、次にご紹介するのが

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どんこ。(標準和名:エゾイソアイナメ)

 

北海道では食材としてのイメージがありませんが、

道内沿岸にも生息する魚です。

 

主に東北地方で

汁物や干物などにして食されています。

 

私の故郷・福島県いわき市でも普通に食べられていて、

帰省した時に食べた「どんこ汁」が美味しかったです。

 

どんこ汁↓

%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%b3%e6%b1%81

 

こちらも旬は冬。

肝が美味しいんです。

 

なんだかお腹がすいてくるような記事になってしまいました。

 

冬の旬な生きものが揃っている「旬のおいし槽」、要チェックです!

 

[魚類飼育課 君島]

おもしろいヒラメ

先日、お休みの職員がバックヤードに突然やってきて

「市場でおもしろいヒラメを見つけたからプレゼントだ!」

と、こんなヒラメを持ってきてくれました。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2_r

いたって普通のヒラメですね。

ひっくり返してみましょう

 

 

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4_r

これは!!!裏側も黒いです。

専門的にはヒラメやカレイの表側。眼のある方を「有眼側」。

裏側の眼の無い方を「無眼側」と言うのですが、

一般的に養殖ヒラメは無眼側が黒っぽくなることが多いと言われています。

 

ですが、このヒラメはそんなレベルではありません。普通に有眼側の模様です。

このカレイが養殖なのか天然なのか分かりませんが、資料用の写真を撮り、

その他の部分はどうなのか?気になるので調査として解剖をしてみましょう!

 

 

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-6_r

骨に異常はなさそうですね。

 

 

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-7_r

有眼側の身も、無眼側の身も色に変化は無いみたいですねぇ・・・・

 

 

 

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8_r

いやぁ~なんてキレイなんでしょう!

 

 

 

 

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-9_r

我が家の晩御飯が一品増えました!!

あれ?最初と目的が変わってしまいましたね・・・・(汗)

 

 

 

ですが、その職員は「プレゼントだ!」の後に

「煮るなり焼くなり好きにしろ」と言っていたのでセーフですよね(笑)

ごちそうさまでした。

 

 

 

P.S.左ヒラメの右カレイと言いますが、無眼側があまりに黒いので撮影時に通りかかった

N飼育員は無眼側を有眼側と勘違いしたのか「あれ?珍しいカレイですね。なんていうカレイですか?」

と言っておりました・・・

元魚類飼育課なんだから、しっかり見ようね~

 

[魚類飼育課 高橋]

水中での餌やり、練習中!

冬期営業開始まであと少し!

というわけで、
アオウミガメ「太郎」の水中給餌の練習を行いました!

 

その様子の動画をどうぞ!

 

 

【ダイジェスト版】

 

kame1

潜水前の風景。

海のパノラマ回遊水槽を上から見ると、

こんな感じです。

 

 

kame2

水槽に潜水すると、

周りはサバの群れ!

この光景は毎回感動します。

 

ここから、太郎との練習の記録です。

 

kame3

水槽隅にてお休み中の太郎。

 

kame4

「ホッケだよ~」と呼ぶと、

ゆっくりと近づいてきました。

 

kame5

が、

エイに割り込まれてしまい失敗。

 

kame6

気を取り直してもう一度!

 

kame7

しかし今度は飼育員とのタイミングが合わず失敗…。

 

kame8

諦めず三回目!

 

kame10

ようやくホッケを食べることができました!

 

kame11

細かくなったホッケを目当てに

殺到するサバたち。

近くで見ると迫力があります。

 

 

練習の成果は、

冬期営業中の潜水イベントでご披露します~!

 

[魚類飼育課 君島]

市立小樽図書館とのコラボ企画を行います。(小樽商科大学 本気プロ)

小樽商科大学の本気プロ(マジプロ)市立図書館活性化チームの企画で、

市立小樽図書館と、おたる水族館のコラボが実現しました。

 

「すいぞくかんがやってくる!」と題し、

図書館で絵本の「読み聞かせ」を行った後に

その場で、当館の飼育員の解説も交えながら

本に出て来た生きもの(ウニ・ヒトデなど)に

実際に触ることができる企画です。

 

他にも絵本だけでは感じる事のできない

生きものの皮(サケ・アザラシ)に触ってもらったり、

本には載っていない生きもの達の魅力をお伝えします。

 

 

当日参加も可能ですが、定員25名となっておりますので、

事前にお申込み下さい。

 

 

【日時】

2016年12月11日(日)午前10時~12時頃まで

 

【場所】

市立小樽図書館 2階 視聴覚室

 

【参加費】

無料

 

【定員】

25名

 

【応募方法】

①市立小樽図書館の受付カウンターで申し込み

 

②電話で申し込み「0134-22-7726」(市立小樽図書館)

 

②メールで申し込み

お名前・ご年齢・連絡先を記載して下記アドレスまでお願いします。

maji.ouc.library@gmail.com

 

●お問合せ先 : 市立小樽図書館  (電話)0134-22-7726

 

【総務部 神前】

 

あっぱれ!アカボシカニダマシ!

前回

(意図せず?)水族館へやってきたアカボシカニダマシ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在冬期営業に向けて閉館中ですが

イソギンチャクの触手のあいだをゴソゴソと動き回っては、

たまーに姿を見せてくれるという相変わらずな感じです。

 

そんな彼らを観察していると、面白いことに気づきました。

 

%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8c

(写真を拡大するとわかりやすいです)

 

「扇子のような形の脚を伸ばして、

水中を漂うものを集めて食べている!」

 

動画でもどうぞ!

脚を広げては引っ込める様子は、

扇子を広げたり閉じたりしているようで

「あっぱれ!」な感じです。

 

この行動が気になったので、

あの人(カニ?)に聞いてみました。

 

6

 

 

 

すると、

ちょっと熱すぎる、甲殻類への情熱を添えたお返事が!

カニくんから届きました!

 

20161202190142-0001

 

どうやらあの「扇子」のように見える部分は

顎脚(がっきゃく)と呼ばれているようで、

広げたり閉じたりすることで口へと餌を運ぶようです。

 

親近感を覚えるかどうかは別にして、

水槽の中の小さな甲殻類(エビやカニの仲間)にも注目です!

 

[魚類飼育課 君島]

愛すべき「おまけ」たち

前回

共生ハゼとテッポウエビが仲間入りした水槽に、

新たに大きなハタゴイソギンチャクが仲間入りしました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大きなふかふかハタゴイソギンチャクに戯れる

カクレクマノミたちも心なしか楽しげに見えるなぁ、、、

 

と思って水槽を眺めていると…

 

 

ん、なんかいる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イソギンチャクにカニのような生き物が付いている!

 

クマノミたちが食べられたら一大事、と捕まえてみると

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんなカタチ。

 

調べてみると、

アカボシカニダマシという

カニよりもヤドカリに近い生き物らしい。

 

大型のイソギンチャクと共生するようで、

うっかり一緒に水族館までやってきてしまったようです。

 

クマノミを食べてしまう事もあまり無いようなので

水槽に戻すと…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あれ、2匹いる。

 

なんと、

ハタゴイソギンチャク1個体を搬入したはずが、

アカボシカニダマシが2匹も付いていたようです。

 

 

しかし話はこれでは終わりません。

 

あれ、なんかいる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イソギンチャクカクレエビだ!

 

その名の通り、

イソギンチャクと触手のあいだに暮らす、

透明な体が特徴のエビです。

 

なんと、

イソギンチャクカクレエビも

イソギンチャクのすきまに入って

うっかり水族館までやってきてしまったのでした。

 

 

【結論】

大きいハタゴイソギンチャク1個体を搬入したら、

アカボシカニダマシが2匹とイソギンチャクカクレエビが1匹という

愛おしい、面白い「おまけ」たちが付いていました~。

 

[魚類飼育課 君島]

「ネジリンボウ」はじめました。

本館2階の「共生」をテーマにした水槽に

新しい生物を搬入しました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今まではカクレクマノミとハタゴイソギンチャクの共生を展示していましたが、

加えて共生ハゼとテッポウエビの共生の展示も始めました!

 

 

ヒレナガネジリンボウというハゼの仲間と、

コトブキテッポウエビが同じ巣穴に棲んで共生する様子を展示しています!

 

少し長いですが(2分)動画の撮影に成功しましたので、掲載します!

ピンボケなのは大目に見てください…(笑)

 

 

以下、ダイジェストです。

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc1

岩の下から様子をうかがうヒレナガネジリンボウ。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc2

そーっと様子を見に出てくると…

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc3

ネジリンボウの背後の砂が舞い上がっています。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc4

奥の方から現れたのが…

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc5

巣穴堀り担当・コトブキテッポウエビです。

警戒心が強く、なかなかこのツーショットは見られません。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc6

少しの間姿を現してまた穴の中へ戻って行ってしまいました。

 

独特の名前を持つこの2種。

 

ヒレナガネジリンボウという名前は

背鰭が伸長し、模様がネジリンボウ飴に似てる所に由来があるようです。

また、テッポウエビという名前は

はさみをかち合わせて音を出すところからつけられたとか。

(諸説あります)

 

驚くとすぐ巣穴に戻ってしまうので

そーっと覗いてみてください。

 

[魚類飼育課 君島]

しずくの体重は○○kg

最近も朝は川の字で寝ているセイウチ一家。

1

 

本日は月に2回行う体重測定の日でした!

元気印しずくの体重はどこまで増えているのか!?

 

その様子を覗いちゃいましょう!

 

 

 

 

 

体重測定のベテラン、父母はなんなく終了しました。

 

父:ウチオ 1297.0 kg

母:ウーリャ 711.0 kg

娘:しずく     ????  kg

 

 

2

父と母の測定が終わったあと、いよいよしずくの番です。

 

 

3

母についてきたきたしずく。ちゃんと体重計に乗れるでしょうか?

 

 

4

来ました!あとはそのままで・・・

 

 

5

お客さまに見守られながらキープ!!

 

 

 

%e5%9b%b33

ジャジャーーーン!!!!

 

 

というわけで、

父:ウチオ 1297.0 kg

母:ウーリャ 711.0 kg

娘:しずく  175.5 kg

 

という結果でした。

 

 

7

それでは、しずく帰ります。

 

 

 

8

本日も無事に体重測定が終了です!

 

 

9

 

そろそろ飼育員には抱えきれないサイズ感のしずく。

次回はいったいどこまで増えているのでしょう。

 

 

[海獣飼育課 加藤]

カニくんより企画書が提出された模様です。(カニくん VS アザラー)

飼育員トーク対決3本勝負。

 

第1戦 勝者 カニくん

第2戦 勝者 アザラー

第3戦 勝者 アザラー

 

・・・見事な逆転劇でアザラーに軍配が上がった3本勝負でした。

 

%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%82%b6

 

それでは、戦いを終えた両者から一言。

 

アザラー「カニくんの話は勉強になる事も多く、正直どちらが勝ってもおかしくなかったと思う。」

 

カニくん「アザラシの凄さに驚かされてばかりだった。今ではこの結果を受け入れている。」

 

 

試合の後日にはこんな姿も

 

3

 

お互い死力を尽くし、対決は終わったかのように見えましたが・・・

 

対決最終日のカニくんの一言が気にかかります。

 

カニくん「待ってろよアザラー!企画書出してやる!」

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

出ちゃいました、企画書。

 

 

 

 

 

 

 

第4戦が決定!!

 

 

 

 

 

 

しかもな、な、な、なんと!!

 

 

 

 

 

ラジオ出演ですぅぅぅぅぅぅ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

福井謙二グッモニ(文化放送)

※関東圏での放送番組です。

 

 

10月25日 8時20分~8時30分 頃

※生放送のため時間が前後する場合があります。

 

 

 

まだまだ続く勝負の行方をご視聴ください!

 

 

 

【カニくん・アザラー】

続々・ニチリンヒトデ

第1弾【夏休みの宿題「ニチリンヒトデ編」

第2弾【続・ニチリンヒトデ

 

動物の赤ちゃんって、可愛いですよねぇ。

 

と、いうことで

ニチリンヒトデの赤ちゃん報告続編です!

 

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%aa%e3%83%b30921

9月21日

前回のちょいネタ!でも取り上げましたが、

周りがギザギザになりました。(ざっくり)

 

%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%aa%e3%83%b31017

そして本日、

10月17日

孵化してから180日飼育を突破しました!

 

ひとつの目標にしていた飼育半年。

まだまだわからない事だらけですが、

何とか突破できました。

これからも飼育を続けて

成長の様子など、調べていこうと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

飼育180日突破記念ということで、

本館2階「さわってEzone」の黒板に

ニチリンヒトデの赤ちゃんの観察日記総集編を展示中です!

 

普段はなかなか注目を浴びることは少ないですが、

よーく見てみると色んな魅力を秘めてます。

 

[魚類飼育課 君島]

さらば、遠足!またね!

 

今年も、

 

歩いたり、泳いだり、コースからはみ出したり、で、

 

自由気ままに行ってきました「ペンギンの海まで遠足」

 

1

 

本日、フィナーレを迎えました!

 

 

 

 

 

 

2

 

元気いっぱいに、海で遊んで、

 

 

 

 

 

 

3

 

飼育員を翻弄し、(笑)

 

 

 

 

 

4

 

かっこいいフォーメーションになったりで、

 

 

 

 

 

 

5

 

ペンギン達が、一番楽しそうでした(^^)

 

 

 

 

 

 

 

6

 

最終日は、

 

いつになく、まとまりも良く、お行儀も良く、です。

 

 

 

 

 

 

 

7

 

ペンギンの海まで遠足を見に来てくださったみなさま、

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

9

 

遠足に、気が向いた時だけ参加したペンギンも、

 

全く気が向かず、一度も参加しなかった、たくさんのペンギン達も、

 

最終日になって参加しようと大騒ぎでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

10

 

また、来年ね~(^^)

 

 

 

[海獣飼育課 佐藤]

 

 

 

 

 

 

 

 

アザラシのお引越しが完了しました!

 

海獣公園の秋の風物詩「アザラシ移動」です。

 

 

2

 

 

冬の時化による高波を避ける為、

 

アザラシ達は毎年、この時期に高台のプールへお引越しをするのです。

 

この一大イベントを行うと、

 

冬が近づいているんだなあと思います。

 

 

 

 

 

 

アザラシプールには、

 

移動予定のアザラシが、すでに集結しています。

 

そこには、

 

 

4

 

 

岩?それともアザラシ??

 

 

 

 

 

 

6

 

サダコちゃんでした!

 

どこのプールにいても、

 

サダコちゃんはサダコちゃんのままですね(^^)

 

 

 

 

 

 

3

 

くつろいでいるサダコちゃんには申し訳ありませんが、

 

そろそろ移動の時間です。

 

飼育員たちが、ゆっくりとアザラシ達を誘導していきます。

 

今年は、すんなり進むのでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、大丈夫です!!

 

7

 

アザラーが言うのですから、大丈夫です(笑)

 

 

 

 

 

 

8

 

あれよあれよという間に、

 

アザラシ達は檻の前にやってきました!

 

 

 

 

 

 

 

9

 

いっぱいいます!

 

 

 

 

 

 

10

 

順番に、檻の中へ入っていきます!

 

こちらもとても順調です。

 

 

 

 

 

 

それでは、出発。

 

11

 

行ってらっしゃーい!

 

 

 

 

 

 

13

 

早くしてね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

14

 

紅葉の中を、慎重に移動して・・・。

 

 

 

 

 

 

 

12

 

そして、冬のプールへ!

 

今年も無事に終了しました!

 

 

 

 

 

 

15

 

移動直後にもかかわらず、

 

いつも通り平和なアザラシ達と、

 

 

 

 

 

 

16

 

さっきまで海の中で作業していたのに、まだまだ余裕の飼育員の激闘は、

 

きっちり予定時間におさまって、幕を閉じたのでした~(^^)

 

 

[海獣飼育課 佐藤]

 

 

 

 

 

 

 

 

コツメカワウソ・カオルの朝

今朝の見回りの一コマ。

 

開館前の見回りの際、コツメカワウソたちは

寝てるか、寝ぼけてウロウロしていることが多いのですが、

今朝はダイだけ起きてウロウロしていて、

寝床のハンモックがモゾモゾ。

 

近づいてみると…

 

 

モゾモゾ…

モゾモゾ…

%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%ab2%e5%ba%a6%e5%af%9d1

 

ひょこっ♪

%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%ab2%e5%ba%a6%e5%af%9d2

 

「おやすみ~」

%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%ab2%e5%ba%a6%e5%af%9d3

 

zzz…

%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%83%ab2%e5%ba%a6%e5%af%9d4

 

カオルまさかの2度寝!

 

「動物は担当者に似る」なんてことがいわれたりしますが、

まさかこんなところまで似るとは…と思った朝でした。

 

[魚類飼育課 (朝に弱い)君島]

カニくん VS アザラー ②

飼育員トーク対決3本勝負。

本日、第二戦を行いました。

テーマは「読書の秋」。

決戦の舞台は前回同様、海岸です。

 

dscn7098

ミスター角川司会のもとリベンジを誓うアザラーが先攻。

 

 

 

dscn7104

まずは北海道に来遊するアザラシについて解説するアザラー。

20年前と現在の生息状況の違いや

北海道でアザラシをみるオススメのスポットを話しました。

 

 

 

dscn7123

続いては後攻のカニくん。

脱皮を繰り返すカニの年齢をバチッと調べる方法を解説。

 

 

 

まずは第一ラウンドが終了。

この時点でどちらのほうが面白かったか聞いてみると・・・

アザラーが優勢!!

この勢いに乗りアザラーが畳みかけます!

 

 

 

第二ラウンドがスタート!

dscn7143

今度はアザラシの赤ちゃんの秘密を紹介。

可愛らしい写真を使いながら寒さに強い理由を解説しました。

 

 

 

それに負けじとカニくんは

dscn7149

モテるカニの話を繰り出しました!

実際にメスのカニにモテるダンスを踊るカニくん。

 

 

 

お互いの話が終了し、ついに結果発表の瞬間がやってきました。

勝敗の行方は・・・

 

 

dscn7169

アザラーの勝利!!

見事リベンジを果たしました!!!

 

今回はカニとアザラシの最新の研究についてお互い熱く語りました!

 

 

ちなみに

最後には「読書の秋」ということで

dscn7160

dscn7162

お互いオススメの図鑑や研究の本について紹介しました。

 

次回は10月10日(月)14:30~15:00

テーマは「スポーツの秋」です。

一歩も譲らぬ試合展開、

はたして勝利の女神はどちらに微笑むのか!

こうご期待!

 

第三戦も、がんばるラッシー↑

【アザラー】

続・ニチリンヒトデ

前回の記事で「こまめにヒトデ更新します宣言」をしてから、

はや半月が過ぎました。

 

今回は皆様お待ちかね(ですよね?) のニチリンヒトデの成長日記続編です。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

6月28日(前回の日記最後から一か月後)

一見して大きな変化はありません。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

8月18日

形が大きく変わっています!

体の縁辺がギザギザになっています!

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

9月21日(今日)

体の縁辺のギザギザがさらに伸長しています!

そしてヒトデらしい「腕」ができてきたり、

「眼点」(同心円状に点在している赤い点)というヒトデの目ができてきたりと、

大きく変化していました!

 

 

これからもどう成長していくか楽しみなニチリンヒトデ、

続報にご期待ください!

 

※写真の中に明朝体で脚注を入れたことに深い意味はありません!

 

[魚類飼育課 君島]

カニくん VS アザラー ①

飼育員トーク対決3本勝負。

本日、第一戦を行いました。

テーマは「食欲の秋」。

決戦の舞台は海岸です。

 

1

ミスター高橋司会のもとジャンケンで先攻を決めました。

 

 

 

いろいろあって先攻はアザラー。

 

 

2

アザラシがなにを食べているのか熱弁中です。

 

 

3

続いては後攻のカニくん、ジェスチャーでハサミの使い方をレクチャーします。

 

 

4

それを真剣に聴くアザラー。

お互い敬意を払っていますね!

 

 

5

再びアザラーのターン、歯の本数の話です。

アザラシの歯の研究をしていたアザラーは

ここで一気に勝負をかけてきました。

 

 

6

勢いに押されながらも真剣(!?)に聴くカニくん。

このままでは終われません。

 

 

7

カニくんもアザラーを巻き込んで応戦します。

 

 

 

そ し て ・・・

 

 

 

8

勝敗の行方は聴衆のみなさんに委ねられました。

 

より多くの方が集まったのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

9

カニくんの勝利で第一戦は幕を閉じました!!

 

 

カニとアザラシそれぞれが食べているもの、

それぞれがどのように食べているのか、

また、どのように食べられているのか、

お互い一歩も譲らず熱く語りました!

 

次回は9月25日(日)14:30~15:00

テーマは「読書の秋」です。

 

 

第二戦も白熱する試合を約束します。

がんばるカニ~。

 

 

【カニくん】

 

 

食欲の秋!がっつり!

小樽も、だいぶ秋めいてきました。

 

「秋」といえば、

芸術の秋、

スポーツの秋、

読書の秋…など、

いろいろありますが、

今回は食欲の秋!にちなんで潜水給餌イベントを行います!

 

その名も、「がっつり潜水給餌」!

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

 

 

料理人風(忍者風?)の衣装を着たダイバーが…

 

gatturi

 

 

普段よりちょっと豪華なエサを、

海のパノラマ回遊水槽の生き物達にあげる様子をご覧になって頂けます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

正直、毛ガニは自分でいただきたいくらいですが…笑

 

本日も14:00から開催です!\(^o^)/

 

(詳しくはこちら→http://otaru-aq.jp/news/news-9420/

 

[魚類飼育課 君島]

夏休みの宿題「ニチリンヒトデ編」

気付けば9月。

 

楽しい夏休み、あっという間に過ぎてしまいますよね。

(ちなみに北海道の小中学校の夏休みは

8月中旬ぐらいまでなので、だいぶ前に終わっています。)

 

我々水族館飼育員にとって

「夏休み」は当然「休み」では無かったわけですが、

夏休みの宿題をここに提出したいと思います。

 

20160722151627-0001

題して「ニチリンヒトデの観察日記」。

 

 

20160722151627-0002

実は今年の4月14日、

タッチングエリア「さわってEzone」にて展示中の

ニチリンヒトデが産卵しました!

 

20160722151627-0003

そして、水槽から回収した卵が

4月21日に孵化してました!

 

20160722151627-0004

さらに、5月くらいには

ブラキオラリア幼生という姿に変態していました!

 

 

20160722151627-0005

さらにさらに、6月くらいになると

平べったく、なんとなくヒトデらしい姿になっていました!

 

 

…ということでして、

4月に産卵していたのに、

なかなかちょいネタで紹介できず失礼いたしました。

(宿題は昔から最終日にまとめてやるタイプでした…)

 

20160722151627-0006

ちなみに、館長からコメントも書いてもらいました!

 

コメントの中に「産卵したこと自体、すごいこと」とありますが、

実際ニチリンヒトデの水槽内での繁殖例は珍しいようです。

 

また成長の様子をこまめにちょいネタで報告していきます!

 

[魚類飼育課 君島]

 

※注

観察日記内で「ニチリンヒトデの仲間」と記載がありますが、

同定の結果「ニチリンヒトデ」であることがわかりました。

ジェンツーペンギンのヒナたち

ジェンツーペンギンのヒナたちは、すくすくと成長中です。

 

 

 

20160814

 

2週間前はヒナらしい姿をしていましたが・・・

 

 

 

20160828

 

大人っぽい顔つきをしてきました!

 

 

 

20160827

 

もうすぐで大人の仲間入りです!

 

 

【海獣飼育課 加藤】

ジェンツーペンギンのヒナちゃん 8月12日の朝

 

 

朝からぐっすり寝ています!

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

「寝る子は育つ」と、いいますが・・・

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

3

順調に、育っています!(体重は3Kg!)

 

 

[海獣飼育課 佐藤]

ジェンツーペンギンのヒナちゃん

 

ジェンツーペンギンのヒナは・・・。

 

 

 

 

ヒナぶー

 

 

 

 

大きくなっていますよ!

 

 

 

[海獣飼育課 佐藤]

特別展示・グラスアートアクアリウム

特別展示・グラスアートアクアリウムのお知らせです!

 

昨年も開催したこの企画。
大好評につき今年はバージョンアップして行います!

 

12 13

 

地元・小樽のガラスアーティスト
KIM GLASS DESIGN 木村 直樹 氏 による、
魅力的なガラス作品と熱帯魚とのコラボ展示。

 

期間限定の美しい水槽を、この機会にぜひご覧ください!

 

・展示場所 本館1階展示水槽内
・展示期間 7月22日(金)~8月31日(水)

 

【魚類飼育課】

 

 

 

おまけ

15

「甘いのかなぁ~?」

byチンアナゴ

知床採集に行ってきました!③

特別展 知床

-豊かな自然-

~世界自然遺産登録から10年を経て~

知床ロゴ

明日から開催です!

 


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場の様子を少しだけ紹介します!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チラッ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チラチラッ

 

どうでしょう…?

本当に少しだけの紹介でしたが、

会場の雰囲気は伝わりましたでしょうか?(笑)


前々回・知床採集に行ってきました!①

前回・知床採集に行ってきました!②

 

続きです!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水族館で展示するための魚のスカウトを終えたあと、

漁港での水揚げの様子を見学させて頂きました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホッケやマダラ、シマゾイなど、

北の海の恵みが大漁でした!

 

 

知床の海だけでなく、森も見学してきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

知床五湖の一湖と、奥に見えるのが知床連山です。

(左側に見えるのは強風に耐える高橋飼育員です)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

知床の森の中にはいたるところに動物の気配が!

上の写真の木の幹に

ヒグマの爪痕があるの、わかりますか…?

 

3回にわたってご紹介してきた知床採集のようすですが、

今回が最終回です!

 

採集でスカウトしてきた魚は特別展のどこかで展示していますので、

探してみてください~!

 

[魚類飼育課 君島]

なかよし姉妹

最近、夜は大部屋(以前はツララの使っていた部屋)でみんなで寝ているオタリアたち。

 

 

当館のオタリアたちは2組の姉妹がいるのですが

その2組のおやすみスタイルがこちらです。

 

 

まずは

はな(手前)すず(奥)姉妹

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

次に

なな(手前)ゆめ(奥)姉妹

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

なんて可愛らしいんでしょう。

すずははなお姉ちゃんにぴったりくっついて

まさに「なかよし」という感じです。

ななとゆめは離れてはいますが同じポーズで並んでいますね。

 

なんだか、それぞれ「姉妹」を感じた夕暮れでした。

 

そして本日は自分の部屋で寝るさゆりは・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あたしは今日はひとりで寝るわ」

おおあくびをしていました。

 

【海獣飼育課 濵 夏樹】

 

 

 

おおきな、おおきなくち

本日のイルカの自由時間では

珍しくトミーが寄ってきました。

トミーはいつもプールの奥でおおきな背中を向けてあまり相手をしてくれません。

だからちょっと嬉しい。

 

CIMG4510

よ!

CIMG4500

おおきな口を開けながらゆっくり近づいてきて・・・

CIMG4502

あーん。

CIMG4506

あーん。

ほんとに、おおきなくちですね。

歯もびっしりです。

 

 

おおきなくちというと

こちらも

 

CIMG4542

 

オタリア・さゆりの

おおきなあくび(笑)

 

あくびがうつりそう。

 

今日もみなさん、お疲れ様でした。

明日も一緒に頑張ろうね!

 

【海獣飼育課 濵 夏樹】

おなかがまだだもーん。

自由時間のイルカたちを見に行きました。

 

こういう時大体寄ってくるのはアポロです。

 

 

CIMG4459

ほらね。

 

そして、アポロは体をなでなでしてもらうのが好きです。

CIMG4440

なでなで

CIMG4435

なでなでなで

CIMG4445

なでなでなでなで

(カメラのストラップがフレームインしてしまいました)

とっても気持ちよさそうでしょ?

 

 

すると・・・

CIMG4451

俺もやってくれ!とロッキーがやってきました。

 

おいでおいで~

CIMG4453

なでなで「はい、交代♪」

CIMG4441

いやいやいや

あなたさんざんなでなでしてあげたでしょ。

 

 

CIMG4442

「おなかがまだだもーん」

ロッキーは譲ってくれたけど

(アポロが強引すぎただけかも)

そんなことも気にせず、相変わらず気持ちよさそうなアポロなのでしたー。

 

【海獣飼育課 濵 夏樹】

 

よっこいしょ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

よっこいしょ! よっこいしょ!

イルカスタジアムのイルカ6頭とオタリア5頭の餌を運んでいます。

10日に1度、近くにある保管している冷凍庫から運んできます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今切っている魚はサバです。

この他にホッケ、イカナゴ、コマイもあります。

毎日使う分を解凍して、大きな魚は切って与えています。

もちろん鮮度や異物が入っていないかもチェックします。

 

 

では、ここで問題です。

 

イルカスタジアムで1日に使用する餌の量はどのくらいでしょう?

 

 

 

・・・

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

約90kgです!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

毎日このようにスタッフはたくさんの餌を用意しているんですね。

 

 

ちなみに・・・

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

私「さゆり」の体重も約90kgなのよ!

 

【海獣飼育課 佐々木佑輔】