おたるすいぞくかんのちょいネタ!

アーカイブ

1年に2度の旬!!

「旬のおいし槽」で10月16日より公開しているいきものがいます。

シャコです。

 

 

あれ?

春にも展示していたような・・・・?

と、お思いの方がいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

そうなのです。

実は春にも展示していました。

その時の様子はコチラ! ↓

解禁!小樽の旬

 

 

シャコの旬は1年に2回あります。嬉しい話ですよね。

それに合わせて小樽では春と秋にシャコ漁が解禁となります。

2017年の秋のシャコ漁が10月15日からでした。

 

そこで漁師さんにご協力いただき「初物」を展示中です!

 

 

漁師さんのお話では、

「これからどんどん身入りが良くなり日に日に美味しくなるんだ」

との事です!!

楽しみが続きますね。

 

 

また、小樽市内で「第10回しゃこ祭り」が開催されます!

開催日:11月11日(土)・12日(日)

時 間:両日とも午前10時~午後3時

会 場:おたるマリン広場(第3号ふ頭多目的広場:小樽市港町5番)

 

 

※しゃこ祭りに関するお問い合わせは↓

小樽しゃこ祭実行委員会事務局(小樽市漁業協同組合内)TEL0134-22-5133

 

 

おたる水族館で活きの良いシャコをご覧いただき、

しゃこ祭りで美味しいシャコを食べる!

最高の休日になりますよ!

 

お待ちしています!

 

【魚類飼育課 高橋】

結果発表ー!

今年生まれのジェンツーペンギンのヒナたち

「ピースケ」と「ゆき」

 

先日、雌雄判定のための採血をしまして

 

 

その結果が!

きましたー!

 

 

発表します!

ピースケ」 オス

ゆき」   オス

 

なんと今年は2羽ともオスでした。

 

というわけで

オスらしい写真を!

 

ピースケ

 

 

ゆき

 

 

2羽とも

よく食べて、よく寝て

今や、チームジェンツー1、2位の体重まで成長していますよー。

 

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

 

 

 

また来年だね

今年で3年目のイベント

「ペンギンの海まで遠足」が今シーズンは

本日がラストでした。

 

しかし、本日の海は

とても荒れていました。

白波が海獣公園に打ち寄せていました。

 

 

せっかくのラスト遠足は、高波のため

「海の手前まで遠足」となってしまいました。

 

そんなラスト遠足を切り取った一枚がこちら。

 

 

なんて切ないんでしょう(笑)

 

「海、入れないんだね」

「最後なのにね」

 

という声が聞こえてきそうです。

 

 

換羽で一ヶ月イベントを中止した後は

すっかりイベントを忘れてしまって

なかなか出てきてくれなかったペンギンたちも

なんだかんだで海が楽しかったようです(笑)

 

 

残念ながら、海に入れずに終わってしまった

今シーズンの遠足。

 

また、来年の春にね♪

 

 

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

 

 

怒っていました。

夕暮れ時のトドプール。

 

なんだか、最近寝ているところしか見ていないような

気がするこちらの方々。

 

 

 

今年生まれの「とわ」と「麦まる」

本当に一日中寝てます。

 

一日中、陸で寝ているので

毛も乾いてもふもふ。

 

 

ぬいぐるみみたい。

 

 

すごく近い所で撮影できたので

「かわいいね、かわいいね」と言いながら

撮影していたのですが、

 

彼らは低いうなり声をあげて

結構怒っていたので、早めに退散しました(笑)

 

 

↑怒ってます。

怒っているけど、やっぱり赤ちゃんはかわいいです。

 

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

 

 

秋の魚!

 

夜明け前の祝津港

 

 

海の男の背中越しに見えるのは「おたる水族館」です。

 

 

そう!今日は魚の採集日。

そして今日の採集には「採集デビュー」の飼育員が!

 

岡本獣医です。

 

漁師さんに混じってしっかりと網を引いています!

 

 

採集の成果を見つめる岡本獣医。

若干、顔色が悪いように見えますが・・・

なんとか大丈夫でした。

 

そして、今日のお目当ては!

秋といえばこの魚・・・・

サケです!

7尾のサケを「オホーツク海・ベーリング海水槽」に入れる事ができました。

 

ご協力頂いた漁師さん。

ありがとうございます!

 

・・・岡本獣医もがんばりましたね!

野性的で大迫力のサケの姿をどうぞご覧ください!

 

※産卵の為に回帰したサケですので、寿命はそれほど長くありません。

サケの寿命が尽きた場合は展示を終了いたしますのでご了承ください。

 

【魚類飼育課 高橋】

日本最大の淡水魚「イトウ」

「守りたい 北海道の自然」コーナー

 

 

 

展示中のイトウを今年ふ化した個体に変更しました!

「日本最大の淡水魚」も幼魚の時は小さいです(^^)

 

 

 

私の手と大きさをくらべてみました!

 

 

 

そして「北と南にすむ魚たち」①水槽では、イトウの成魚を展示しています。

やはり成魚は「日本最大の淡水魚」の風格があります。

 

 

同じように、私の手とくらべてみましょう♪

 

 

 

幼魚とは全く違いますねぇ。

 

 

先ほどの幼魚たちも立派に育って、大きなイトウになりますように!

 

 

 

「大きくなれよぉ~」 ←古い・・・(^_^;

【魚類飼育課 高橋】

わくわく水槽のいきもの

わくわく水槽もすっかり秋めいてきました。

 

ヤゴの抜け殻、羽化殻(うかかく)が浮いていますね。

 

 

 

そして先日もお伝えしましたが、トンボも見られます!

 

 

 

 

そんなわくわく水槽で、新たないきものもが観察されました!

動画でどうぞ!

 

 

カラスです。

ヤゴを食べようとしているのかと思いましたが、水浴びをしていますね。

 

まさにカラスの行水!

 

これから冬まで、また新たにわくわく水槽に姿を現すいきものは増えるでしょうか?

楽しみです!

 

【魚類飼育課 高橋】

これ! ペンタ!

 

 

よしなさい!

 

 

 

 

 

 

【総務部 神前】

知る人ぞ知る水族館のみどころ  その2

【2018年おたる水族館オリジナルカレンダー】の背表紙は

 

お茶目なジェンツーペンギンの写真が採用されています。

 

 

 

館内に貼っているポスターもこの写真を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

再現されたコーナーまでできました。

 

 

 

 

 

 

 

売店で探してみてください。

 

 

 

 

【総務部 神前】

 

知る人ぞ知る水族館のみどころ

 

大人気商品「フウセンウオまんじゅう」

 

お月見の時期にいかがでしょう?

 

 

 

おや?

 

一番上のフウセンウオが何か言ってそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「売店」も見どころの1つです。

 

 

 

 

 

 

 

【総務部 神前】

わくわく♪

イルカスタジアムの近くにある

わくわく水槽に、“わくわく”な一コマを発見!!

 

ごらんください♪

 

 

水槽のガラス面横に・・・

 

見えましたか?

 

 

トンボが(@_@)!

今まさに殻から出たて!!

 

まだ、羽は乾いておらずこれから旅立つんでしょうか。

 

秋ですねぇ~。

 

【魚類飼育課 折笠】

色がいろいろ

おたる水族館には50羽のフンボルトペンギンがいます。

 

みんな同じ顔に見えるかもしれませんが

みんな違う顔をしているのです。

 

さらによーく見てみると

目の色も同じではありません。

 

 

こちらは一番多い色です。

茶色です。

ちなみに、「マラドーナ」です。

 

 

 

こんな感じで黒い目の個体もいます。

「206」番です。

 

 

 

赤い目の個体もいます。

「210」番です。

 

 

 

グレーの目をしている個体もいます。

「ニナ」です。

 

茶色がほとんどで

他の色は3羽ずつくらいしかいません。

 

個人的にはグレーの目がきれいだな、と思っています!

 

 

是非、今まで以上によーくペンギンたちを観察してみてください♪

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

今年の最後は

7月頃から始まった

フンボルトペンギンたちの換羽。

 

全部で50羽、今年の最後は・・・

 

 

 

ちらっ。

「キョロ」でした。

飼育員たちには「キョロちゃん」と

呼ばれている

 

 

まんまるおめめが可愛らしいおばあちゃんペンギンです。

 

 

換羽はペンギンたちにとっては毎年命がけと言っていいほど

とても体力を消耗する恒例行事です。

 

実はキョロちゃん、今年の換羽では少し体調を崩してしまい

心配していました。

でも、なんとか乗り切ってくれました。

 

 

まだ油断はできませんが、無事に羽が抜け変わりましたよ。

 

 

フンボルトペンギンたちは換羽が終了しましたが、

ジェンツーペンギンたちは

 

 

換羽真っ最中で

「ダディ」もこの通り!

チームジェンツーも頑張ろうね!

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

見ている・・・。

先日、朝

トドの子供たちを見にいくと

 

 

 

相変わらず2頭仲良く泳いでいました。

 

 

あれ。

「麦まる」がいなくなった。

 

と思ったら

「とわ」の右後方に

 

 

 

見ている・・・。

 

水の中から

じーーーっとこちらを見ています。

 

海が穏やかで水が澄んでいる日は

水の中の行動も観察できるのです。

 

この麦まるはちょっと怖い(笑)

 

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

サケの採卵体験会!すごかったぁ~!(^^)!

特別展 「北海道のサケたち 第三章 命をつなぐ秋」を9月16日から開始いたしました。

 

これに合わせてサケの採卵体験会を行いました!

イベントにはサケのふるさと千歳水族館の館長

菊池基弘様に講師としてお越しいただきました

 

 

 

サケについてのお話をして頂き、

いよいよサケの採卵体験です。

 

まず、親サケの命を絶つところから始まります。

 

 

皆さん始めは戸惑っていましたが、

菊池館長のお話を聞いてご理解して頂いたことで、

体験会が進みました。

 

 

続いて、メスのお腹から卵を取り出します(採卵)。

 

 

サケのお腹を専用の刃物で切って卵を取り出します。

参加者の方からは「卵は冷たかった。」とか、

「やわらかかった。」など感想が次々と聞こえました。

 

 

続いて、オスの精子を絞ります(採精)。

 

 

菊池館長がもつサケの、胸ビレからお腹まで

圧迫しながら手を進ませます。

そうするとオスの精子が出てきます。

「わぁ~」という声があがりました!

私も思わず同様に声を出してしまいました。(おぉ~っ)

 

 

続いて、卵と精子をまんべんなく混ぜます(撹拌:かくはん)。

 

 

皆さん、卵をつぶしてしまわないように

優しく優しく混ぜていました。

 

この後は、受精卵についた汚れを洗うため、

そして卵に酸素を供給するために

水のなかに卵を沈めて1時間くらいまちます(吸水)。

 

 

これで、採卵体験は終了です。

参加者の小さなお子様から付添いの方、

周りでご覧になっていたお客様からも好評でした!!

この受精卵は本館1階の特別展の水槽で展示しています。

(体験会で使用した親サケ「ホッチャレ」も展示しております。)

 

 

この機会にサケに限らず、

たくさんの生きものたちが生きていく自然について

多くの子供さんたちにも感じてもらいたい、

伝えていきたいと感じました。

 

ご協力頂きました各機関の皆様に、

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

【魚類飼育課 折笠】

 

 

祝津マリンランドへLet`s go!

わたし達が祝津マリンランドのおすすめの乗り物を紹介します♪

 

 

まずは「チェーンタワー」

 

 

「びゅーん」と風を感じながら楽しんでください!

 

 

続いて「サイクルライダー」

 

 

日本海を眺めながらのライドは最高です。

 

最後は「モーターボート」

 

 

「大海原に出航だ~!!」

 

 

9月16日からはフリーパスも販売します。

 

フリーパスについて。

 

ぜひ遊びに来てください!

 

[スタッフ一同]

ついに・・・

先日ちょいネタでお知らせした秋の訪れ。

 

今朝ペリカンの様子を見に行ったところ・・・

 

 

先日はペリカンがいない時間帯に間借りをしていたトンボですが、

 

ついに共同生活を始めたようです。(笑)

 

 

この後、窓を開けると

空に飛んでいきました。

 

 

[海獣飼育課 大野木]

偶然・・・?

トドプールにて公開中の

今年生まれのトドたち「とわ」と「麦まる」

 

本当に毎日毎日

2頭で遊んだり、お昼寝をしたり仲良しです。

 

昨日のお昼寝は

こんな感じでした。

 

 

これは偶然なのか・・・?

同じ寝相(笑)

首の角度まで!

(左・麦まる 右・とわ)

 

色々な場所から見ても同じ寝相でした。

 

体色が黒っぽいお母さん「麦」の仔はやっぱり

ちょっと黒くて

体色が白っぽいお母さん「まもこ」の仔はやっぱり

ちょっと白い。

 

そんなことにも気付いた昨日のお昼でした♪

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

ちいさい秋。

ペリカンは日中、わくわくプールまでお出かけしています。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

もちろんプールを覗くと何もいません。

 

 

・・・と思いきや!

 

ロープの上にとんぼが止まっています!!

 

 

夏はあまり見かけない昆虫たちも

秋が近づくにつれて顔を出してきました♪

 

 

 

水族館の周りの「すすき」も秋の装い。

 

 

 

ふっさふさです。

 

 

水族館にお越しの際は

ちいさい秋を探してみてはいかがでしょうか?

 

[海獣飼育課 大野木]

 

 

幸せの朝

先日のちょっと天気が悪くて、寒かった日。

 

朝、トドプールを覗いてみると・・・

 

 

お父さんの「ソユン」とお母さんの「麦」に挟まれて

 

 

今年生まれの「麦まる」

 

時々、おっぱいを飲みながら

ぬくぬくしていました。

 

 

ちょっと離れたところでは・・・

 

 

こちらも

お母さんの「まもこ」と麦の妹「豆」に挟まれて

今年生まれの「とわ」が寝ていました。

 

寒くなってくるとみんなで

こんなふうにくっついて寝るのかな。

 

ちなみにトドプールには

もう一頭トドがいます。

 

 

もともと色白の「ハル」は毛が乾くと

さらに色白に!

 

ある朝の出来事でしたー。

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

イメージカラー

今年生まれのジェンツーペンギンたち。

 

もう見た目は大人たちと変わらなくなったので

どれがヒナたちかわからないよー!

 

大丈夫です。

分かりやすいようにカラーバンドを翼につけました。

 

 

性別はまだわかっていないので

 

あくまで

 

イメージですが

「ゆき」がピンクで

「ピースケ」が水色です♪

 

他にも

ジェンツーペンギンの特徴である

頭の白い帯模様が子供はちゃんと繋がっていないんですね。

 

 

これはピースケの頭です。

 

 

そして、これがお姉ちゃんの「アラレ」です。

よく見ればその違いが分かるはず!

 

そんなところで、今年生まれのヒナたちを探してみてください!

 

 

・・・おまけの一枚

 

寝起きはすごく目つきが悪いです(笑)

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

添い寝。

大体いつも2頭で遊んでいるトドの仔たち。

お昼寝も一緒にします。

 

本日は・・・

 

 

どうなってんの?

と思われるかもしれないので

ズームアップ。

 

 

寄り添って寝ていました。

左が「とわ」、右が「麦まる」です。

 

顔は向こうを向いていますが

とてもほっこりしました(^^)

 

ちなみに2頭を見分けるコツは

一番わかりやすいのが大きさです!

1ヶ月早く生まれたとわのほうが

一回り大きく、むちむちしています(笑)

 

海獣公園トドプールで公開中です!

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

初泳ぎ!

 

 

ジェンツーペンギン「ゆき」 生後2か月

 

昨日はこんな感じで水際に立って

 

 

 

プールの中を覗いたりしていましたが

プールには入りませんでした。

 

 

しかーし!

 

 

本日、ようやく

泳ぎましたー!

 

正確には

体が濡れていることもあったので

実際、目撃したのが初めてでした。

 

 

浮いてきょろきょろしてみたり

 

 

深く潜ってみたり

 

 

頭の白いバンド模様以外は

大人たちと変わらなくなってきました。

 

毎日の成長が本当に楽しみです♪

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

 

 

 

 

視点

一言で「生きものを見る」と言いましても、

実は様々な視点があるのをご存じでしょうか?

 

イトウを例に少し紹介させていただきます。

 

 

 

一般的に水族館で何となく魚をみている人はこの様な感じです。

 

 

「へ~。これがイトウか。大きいな~。」

 

 

 

 

 

 

でも、魚にちょっと興味がある人はこう見ています。

 

 

 

「たくましい顔つき!さすがイトウ!」

 

 

 

 

 

 

 

さらに、魚が大好きでたまらない人はこう見ています。

 

 

 

 

「鰭が分厚い!特に脂鰭(あぶらびれ)が最高!!」

 

 

 

一例ではありますが、この様に「視点」は人それぞれ違います。

 

生きものをみる時に視点を意識的に変えることで新たな気づきがありますよ。

 

 

 

 

【総務部 神前】

 

 

 

 

ジェンツーペンギンのヒナ命名

ついに決まりましたよ!

ジェンツーペンギンのヒナの名前です。

 

2羽とも性別は分かっていないのですが

決めました!

 

まずは「ダディ・なつ」の仔

 

 

「zzz」

寝ています。

 

 

「ん?」

起きました。

 

命名「ゆき」

 

 

続いて、「ごう・ボボン」の仔

 

 

「zzz」

こちらも寝ています。

 

 

「ん?」

起きました。

 

命名「ピースケ」

 

 

ゆきとピースケ

皆様、よろしくお願いします!

 

 

ちなみにピースケは

 

 

こんな感じで寝ていました(笑)

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

おたる水族館の遊園地「祝津マリンランド」のご紹介です。

 

ここは知る人ぞ知る、とっても楽しいスポット!

 

第一弾は「スカイライド」

 

 

お子様のはじける笑顔が撮影できます!

(モデルは大野木トレーナー、さすがの笑顔です)

 

 

たとえシャイなお子様でも、こんな感じの笑顔が撮影できます。

(モデルは新人獣医、岡本飼育員)

 

 

さらにこのまま1分乗り続ければ、

 

 

最高の笑顔が撮影できますよ!

 

【施設課スタッフ】

わくわく水槽 ヤゴの続報

先日ヤゴを発見したわくわく水槽。

 

 

 

あのヤゴはどうしているかな?

 

 

 

 

見つけた!

っと思ったら、先日のヤゴよりも小さい様子。

どうやら他にもいたようですね。

同じ種類にも見えますが・・・?

 

先日のヤゴについて、

昆虫の専門家の方よりご意見を頂いたのですが

「ウスバキトンボ」と思われる、とのことでした。

 

聞いたことはあるのですが、

どんなトンボなのかと調べてみると・・・

 

 

ウスバキトンボ

世界中の熱帯・亜熱帯に分布。

世代交代を繰り返しながら北半球では北へ、

南半球では南へ移動する。

卵から成虫になるまでの期間はなんと1ヶ月ほど。

(驚異的な速さですね!)

寒さに弱いため、冬を越せずに死んでしまうそうです。

※熱帯・亜熱帯で過ごした個体が繁殖するので、絶滅することはないそうです。

 

昆虫の専門家の方によると、今年は7月上旬に小樽で確認していたそうで、

まもなく「小樽世代」が羽化するでしょう。

とのお話で、わくわくしますね。

 

 

水槽の底をのぞくと、春に入り込んだ枯葉が分解されていました。

微生物や昆虫たちが利用したのでしょう。

 

生きものたちはわくわく水槽を着実に利用しているのですね。

【魚類飼育課 高橋】

おへそ

今年生まれのトド

とわ(♀)と麦まる(♂)

 

 

本日も仲良くじゃれ合ったあとは・・・

 

 

 

仲良くお昼寝。

 

 

 

よく見てください?

 

 

上が麦まる

 

 

下がとわ

 

 

おへそが見えます(笑)

 

見た瞬間笑ってしまいました。

指でつんつん突きたくなるようなおなかをしています。

 

そんな可愛らしいトドの赤ちゃんたちは

海獣公園トドプールで一般公開中です!

 

【海獣飼育課 濵夏樹】

 

 

ずっといたのかな?

わくわく水槽で新たな仲間が発見されました!

 

 

ヤゴです。

なんだか勝ち誇った顔に見えますね・・・

 

それにしても、ヤゴですよ?

 

この水槽は昨年の12月に設置して、水面が凍る

冬の間はオショロコマとヤマメがいました。

春に一度落水(完全ではないですが)し、魚た

ちを移動して現在にいたります。

 

 

去年、産み落とされていた卵が成長したのか?

はたまた、沢水を注水しているのでそこから流

れ込んだのか?

ずっといたのに見つからないものでしょうか?

謎です。。。

 

 

トンボになるのが楽しみです!

(( わくわく ))

 

お楽しみに!

【魚類飼育課 高橋徹】

好きな時間に、好きな場所で。

ジェンツーペンギンのヒナたちは

外側でそれぞれお昼寝をしていました。

 

 

 

 

片足が落ちています(笑)

ダディ・なつのヒナです。

 

zzz

 

 

あ、起きた。

 

 

続いて、ごう・ボボンのヒナです。

zzz

 

 

あ、起きた。

しかも目が合っている気がする。

 

 

こんな感じで

親元を離れる時間が増えてきました。

 

もうすぐ生後2か月です。

巣立ちまでは3か月と言われています。

今後の成長も楽しみですね!

 

【海獣飼育課 濵夏樹】