ちょいネタ!

おたるすいぞくかんのちょいネタ!

今日は何がいる?

 

空は快晴!

 

 

気温も上がってきて、徐々に夏も近づいてきている気がしますね。

 

海獣公園の周りの海は

 

徐々に見られる生きものの種類が増え、賑わってきました。

 

 

(この先少し写真が見づらいかもしれませんが、すみません…。)

 

 

 

 

水面で帯のように広がるもの…。

見えますか…。

 

 

これです。

 

恐らくアンコウの卵だと思われます。

 

実は、アンコウの卵は一昨日もトドショープールに入って来ていて、

 

なかなか見られない卵に、私たち飼育員も大騒ぎしました。(笑)

 

 

 

近くで見るとこんな感じです。よく見ると中が黒くなっていて発生しているのがわかります。

 

私自身も一昨日初めて見ましたが、触った感触は寒天のような感じでした!

 

 

ちなみに、アンコウの卵は産卵後、こうやって水面を漂って成長していきます。

 

本日はこの卵が5m近い長さで流れてきていて、大迫力でした!!

 

 

 

さあ続いて。

 

小さな小さな魚の群れが…。

 

 

 

 

 

 

よく見ると背中に黄色い斑点があって、

 

エゾメバルの幼魚かと思われます。

 

(間近で確認出来ていないので、確定できずすみません…)

 

 

50~100尾ほどの群れで泳いでいました。

 

違う種類の幼魚も交ざり、透き通った海の中を注意深く、

周りの状況に敏感に反応しながら泳いでいました。

 

 

 

このようにエゾメバルの成魚は、

 

海獣公園のアザラシやトドのプールで冬の間から見られたのですが、

 

この大きさのは初めてで、思わず長い時間見入ってしまいました。

 

エゾメバルは「卵胎生」と言って、

魚では珍しく、メスのお腹の中で卵からかえり、

ある程度育ってから生まれます。

 

他にも、

 

ウグイの群れや、

 

 

ウミウシなど…

 

たくさんの生きものがみられます。

 

 

アザラシやトドが大迫力の海獣公園!

 

実は、海の中も魅力たっぷりです!!

 

【魚類飼育課 佐藤】

 

 

 

 

 

 

18+