ちょいネタ!

おたるすいぞくかんのちょいネタ!

恋の予感

アゴヒゲアザラシの「パオパオ」が

先週くらいから鳴き始めました。

 

鳴き始めたというのが

何を意味するかと言いますと、

 

繁殖シーズン到来です。

 

パオパオの出す

口笛のような、

肝試しでよくある音のような、

不思議な音は求愛音なのです。

 

 

実はアゴヒゲアザラシの繁殖は

日本の水族館ではまだどこも成功していません。

 

毎年、おたる水族館でも試みてはいるものの

なかなか繁殖できずにいます。

 

アゴヒゲアザラシの赤ちゃん、見たいですよねー!

 

お母さん候補は

「ウパウパ」と

 

「ノンノン」です◎

ノンノンは海獣公園で飼育している4種48頭のなかで

一番大きいアザラシです。

アゴヒゲアザラシは♀の方が大きくなる種類なのです。

 

 

 

 

ちなみに・・・

♂はもう一頭「風太」がいますが

風太はまだこどもで

繁殖にはもう少し時間がかかりそう。

 

 

現在、♂と♀は分離しているのですが、

♂と♀を一緒にするタイミングが

とても重要なのだそうです(先輩談)。

 

 

繁殖に向けて

今年も頑張ります!

 

 

 

おまけの一枚

「ノンノン」鼻の穴全開Ver.

 

 

【海獣飼育課 濵】

 

 

21+