ちょいネタ!

おたるすいぞくかんのちょいネタ!

新しく仲間入り。

 

先日、道南(北海道の南側)「八雲町」の漁師さんから

魚をいただきました。

本日(12月20日)より展示していますので

ご紹介いたします!

 

 

まずは、この魚

エゾイソアイナメ

 

北海道では「どんこ」と呼ばれています。

ふつう水深200mほどの砂地に生息していますが

時には水深数mという浅い場所にもやってきます。

 

 

北海道ではあまり食用にはなっていないようですが

冬期のものは、干物や鍋で食べると美味しいらしいです。

 

 

展示場所は

北と南にすむ魚たち⑥番水槽です。

 

 

暗い場所が好きなようで、水槽の奥や端の方にいることが

多いです。ぜひ探してみてください。

 

ちなみに、

オホーツク海・ベーリング海水槽には

「エゾアイナメ」

という魚がいますが、別の魚ですのであしからず。

 

 

もう一種は

この魚!

エゾクサウオ

 

潮間帯から水深100mほどに生息しています。

ほぼ食べられていない魚ですが、

ずんぐりした体形が何ともいえません!

 

展示場所は、

本館2階「北海道の海」ゾーンです。

フサギンポと一緒に展示しています。

フサギンポがエゾクサウオを見つめています。

気になるのでしょうね・・・・。

 

道南からやってきた2種を

どうぞご覧ください!

【魚類飼育課 高橋】

10+