おたる水族館からのお知らせ

アゴヒゲアザラシの「パオパオ」死亡のお知らせ

アゴヒゲアザラシの「パオパオ」(推定39歳)が1月3日に死亡しました。

 

酪農学園大学獣医学部での病理解剖の結果、

死因は腸捻転でした。

 

パオパオは1980年に網走オホーツク水族館(2002年8月閉館)で保護された

野生個体で2002年10月におたる水族館へやってきました。

 

パオパオの死は非常に残念ですが、これからもアゴヒゲアザラシの長期飼育に努めていきます。

 

今まで会いに来てくださった方々に

心より御礼申し上げます。

 

13+