おたる水族館からのお知らせ

ニュウドウカジカを展示しています。 ※終了しました。

※ニュウドウカジカの展示は終了しました。

 

2019年2月12日より北海道の深海にも生息している

「ニュウドウカジカ」の展示をはじめました。

北海道では初めての展示です。

 

 

■展示場所 本館2階 深海水槽

■生物種 ニュウドウカジカ

■採集場所 駿河湾 深海800m

 

【ニュウドウカジカ】

駿河湾以北、オホーツク海、ベーリング海、

東部北太平洋に分布する。

水深500~2800mの深海底にすむ。

最大体長60cm。体は太く、ごろんとした感じで、

柔らかく厚い皮膚で覆われる。

頭は大きくて丸く、棘(とげ)はないが、

皮弁が散らばる。

体は淡褐色、暗褐色、黒色など変化に富むが、

斑紋(はんもん)はない。

 

※インターネット上にアップされている多くの

写真やキャラクターとなっている姿は、

底曳網で深海から引き揚げられ

皮膚が剥がれてしまい、

桃色の肉が露出した姿で、

本来のニュウドウカジカの姿ではありません。

生きているニュウドウカジカをご覧頂くことで、

本来の姿を知っていただくと共に、

深海の世界に関心をもつきっかけとして

頂ければと思います。

 

5+