おたるすいぞくかんのちょいネタ!

愛すべき「おまけ」たち

前回

共生ハゼとテッポウエビが仲間入りした水槽に、

新たに大きなハタゴイソギンチャクが仲間入りしました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大きなふかふかハタゴイソギンチャクに戯れる

カクレクマノミたちも心なしか楽しげに見えるなぁ、、、

 

と思って水槽を眺めていると…

 

 

ん、なんかいる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イソギンチャクにカニのような生き物が付いている!

 

クマノミたちが食べられたら一大事、と捕まえてみると

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんなカタチ。

 

調べてみると、

アカボシカニダマシという

カニよりもヤドカリに近い生き物らしい。

 

大型のイソギンチャクと共生するようで、

うっかり一緒に水族館までやってきてしまったようです。

 

クマノミを食べてしまう事もあまり無いようなので

水槽に戻すと…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あれ、2匹いる。

 

なんと、

ハタゴイソギンチャク1個体を搬入したはずが、

アカボシカニダマシが2匹も付いていたようです。

 

 

しかし話はこれでは終わりません。

 

あれ、なんかいる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イソギンチャクカクレエビだ!

 

その名の通り、

イソギンチャクと触手のあいだに暮らす、

透明な体が特徴のエビです。

 

なんと、

イソギンチャクカクレエビも

イソギンチャクのすきまに入って

うっかり水族館までやってきてしまったのでした。

 

 

【結論】

大きいハタゴイソギンチャク1個体を搬入したら、

アカボシカニダマシが2匹とイソギンチャクカクレエビが1匹という

愛おしい、面白い「おまけ」たちが付いていました~。

 

[魚類飼育課 君島]