おたるすいぞくかんのちょいネタ!

「ネジリンボウ」はじめました。

本館2階の「共生」をテーマにした水槽に

新しい生物を搬入しました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今まではカクレクマノミとハタゴイソギンチャクの共生を展示していましたが、

加えて共生ハゼとテッポウエビの共生の展示も始めました!

 

 

ヒレナガネジリンボウというハゼの仲間と、

コトブキテッポウエビが同じ巣穴に棲んで共生する様子を展示しています!

 

少し長いですが(2分)動画の撮影に成功しましたので、掲載します!

ピンボケなのは大目に見てください…(笑)

 

 

以下、ダイジェストです。

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc1

岩の下から様子をうかがうヒレナガネジリンボウ。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc2

そーっと様子を見に出てくると…

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc3

ネジリンボウの背後の砂が舞い上がっています。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc4

奥の方から現れたのが…

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc5

巣穴堀り担当・コトブキテッポウエビです。

警戒心が強く、なかなかこのツーショットは見られません。

 

%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%82%bc6

少しの間姿を現してまた穴の中へ戻って行ってしまいました。

 

独特の名前を持つこの2種。

 

ヒレナガネジリンボウという名前は

背鰭が伸長し、模様がネジリンボウ飴に似てる所に由来があるようです。

また、テッポウエビという名前は

はさみをかち合わせて音を出すところからつけられたとか。

(諸説あります)

 

驚くとすぐ巣穴に戻ってしまうので

そーっと覗いてみてください。

 

[魚類飼育課 君島]