おたるすいぞくかんのちょいネタ!

寒くても

海は荒れ、風も強く、雪も降って

気温も低い。

そんな日が続きますね。

 

 

冬の方が元気な方々とは対照的に

こちらは中のプールで泳ぎます。

 

 

フンボルトペンギンです。

 

もともとは、南アメリカのチリやペルーといった

暖かい地域に生息する種類なので、

北海道の冬は寒いのです。

毎日ストーブを焚いています。

 

 

泳いだ後は、くちばしを使って全身の羽繕いです。

 

 

寒いのだから、泳がなければいいのに。

 

そう思われるかもしれません。

でもペンギンたちにとって泳いで体を洗い、

羽繕いをするというのは健康に過ごすために

重要なことなのです。

 

ペンギンたちの羽は防水効果があります。

もし羽の間から水が入ってきて、直接水に触れると

凍えて死んでしまうこともあるのです。

だから毎日くちばしを使って羽の流れを整えます。

 

羽のツヤがないということは、

羽繕いが出来ていないということになります。

日課の羽繕いもできないほど体調が悪いというサインです。

そんなところから、ペンギンたちの体調を知ることもできます。

 

 

寒い日が続きますが、

毎日しっかり羽繕いをして

魚もいっぱい食べて

元気なペンギンたちと春を迎えたいと思います!

 

【海獣飼育課 濵夏樹】