おたるすいぞくかんのちょいネタ!

サケの採卵体験会!すごかったぁ~!(^^)!

特別展 「北海道のサケたち 第三章 命をつなぐ秋」を9月16日から開始いたしました。

 

これに合わせてサケの採卵体験会を行いました!

イベントにはサケのふるさと千歳水族館の館長

菊池基弘様に講師としてお越しいただきました

 

 

 

サケについてのお話をして頂き、

いよいよサケの採卵体験です。

 

まず、親サケの命を絶つところから始まります。

 

 

皆さん始めは戸惑っていましたが、

菊池館長のお話を聞いてご理解して頂いたことで、

体験会が進みました。

 

 

続いて、メスのお腹から卵を取り出します(採卵)。

 

 

サケのお腹を専用の刃物で切って卵を取り出します。

参加者の方からは「卵は冷たかった。」とか、

「やわらかかった。」など感想が次々と聞こえました。

 

 

続いて、オスの精子を絞ります(採精)。

 

 

菊池館長がもつサケの、胸ビレからお腹まで

圧迫しながら手を進ませます。

そうするとオスの精子が出てきます。

「わぁ~」という声があがりました!

私も思わず同様に声を出してしまいました。(おぉ~っ)

 

 

続いて、卵と精子をまんべんなく混ぜます(撹拌:かくはん)。

 

 

皆さん、卵をつぶしてしまわないように

優しく優しく混ぜていました。

 

この後は、受精卵についた汚れを洗うため、

そして卵に酸素を供給するために

水のなかに卵を沈めて1時間くらいまちます(吸水)。

 

 

これで、採卵体験は終了です。

参加者の小さなお子様から付添いの方、

周りでご覧になっていたお客様からも好評でした!!

この受精卵は本館1階の特別展の水槽で展示しています。

(体験会で使用した親サケ「ホッチャレ」も展示しております。)

 

 

この機会にサケに限らず、

たくさんの生きものたちが生きていく自然について

多くの子供さんたちにも感じてもらいたい、

伝えていきたいと感じました。

 

ご協力頂きました各機関の皆様に、

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

【魚類飼育課 折笠】