最新情報

「おたる水族館フォトコンテスト2016 春シーズン」 結果発表

 

2016年3月19日~2016年5月31日の期間で開催致しました
「おたる水族館フォトコンテスト2016 春シーズン」

グランプリ準グランプリファミリー賞の3作品が決まりました。

 

 

グランプリ

ハンドルネーム: モスモス さん

 

タイトル: 「ビッグベビー」

 

コメント: 生後一ヶ月ちょっとの『しずく』とても可愛い盛りでした

 

13

 

選評】

4月6日に生まれたセイウチの赤ちゃん「しずく」の絶妙な表情を見事に撮られた1枚です。
前脚をパクッとくわえながら遊んでいたらガラス越しにカメラをみつけ、
チラッと視線を送ったという「しずく」の一連の動きが想像できます。
また、カメラを構えて「しずく」と会話をする様に
楽しみながら撮影するモスモスさんの姿も同時に想像できる素晴らしい作品です。

 

 

準グランプリ

ハンドルネーム: えるぱそ さん

 

タイトル: 「陽だまりを泳ぐ」

 

コメント: おたる水族館といえば「奇跡の時間だっ!」と思い、
プールに差し込む日の光と、その中を泳ぐネズミイルカの姿を収めました。
見ているとあったかくて気持ちよさそうです。

 

10

 

【選評】

1年のうち「春」と「秋」の夕方にネズミイルカのプールには自然光が差し込み、
幻想的な光景が広がりますが、その光景を見事に切り取られた作品です。
また、ネズミイルカが水面近くを泳いでいる事で太陽光が体に強く映り込み、
春の陽気を楽しんでいる様にも感じられます。
今回のフォトコンテストはテーマを「春の水族館」とさせて頂きましたが、
その中でこの作品を応募されたのは、えるぱそさんが何度も
おたる水族館に足を運ばれているからこそだと思います。
「写真を撮るには、まず被写体を知ること」といいますが、
まさにこの言葉が当てはまる作品です。

 

 

ファミリー賞

ハンドルネーム: テト さん

 

タイトル: 「初めてのヒトデ(笑)」

 

コメント: いつも怖がって触らない息子!勇気をもって触れました

 

11

 

選評】

写真をみたスタッフも一緒に笑ってしまう程の満面の笑顔!
春でもまだ冷たい水に手を入れて、勇気をふりしぼり大きなヒトデを
指先で持ち上げた時の「やった!」という気持ちが飛び出してきそうな作品です。
水族館で垣間見えたお子様の成長はテトさんにとって一生の思い出になるのではないでしょうか?

 

 

 

今回、応募して頂いた作品は、どれも生き物や水族館に対する愛情がこもっており、
素敵な作品ばかりでした。
残念ながら入選されなかった方も、また水族館へカメラをお持ちになって
生き物たちの可愛い姿や、決定的瞬間を写真におさめて下さい。

今回、入選された方には後日、改めて入選の連絡をさせて頂きます。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。