最新情報

ゼニガタアザラシのトラが死亡しました。

日本最高齢の雌のゼニガタアザラシのトラが老衰のため死亡しました。46歳でした。

 

トラは1970年に厚岸町で保護され、おたる水族館にやってきました。

晩年は視力が低下したため高齢アザラシ専用プールでのんびり暮らしていましたが、

大病を患うこともなく元気で、敬老の日の特別メニューのタコ給餌時には

誰よりも先に食べ始めるほどでした。

 

そんなトラも今年の4月下旬から徐々に食欲が減退し寝ていることが多くなり、

5月4日午前4:00に静かに息を引き取りました。

トラがいなくなってしまったことは大変残念ですが、

今後もゼニガタアザラシの飼育展示に尽力していきたいと思います。

そして、トラに会いに来ていただいたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

 

おたる水族館スタッフ一同

 

昼寝するトラ

暖かい日差しの中、昼寝する生前のトラ