最新情報

新種と思われるカジカを展示しています。

カジカ2 カジカ3

 

新種と思われる、これまで世界で捕獲例のない深海性のカジカ(Andriashevicottus属の1未記載種)の

展示を2月10日より開始しました。

当館の職員が漁師さんの船に乗せて頂き採集している際に発見した魚で、

現在外部機関と共同で研究中です。

1個体だけでの展示ではありますが、見る機会が少ない、名前がまだ付けられていない魚の実物生体を

ご覧いただけます。

身近な北海道の海にも未知な世界があるという魅力、自然の懐の深さを感じて頂ければと思います。

(※未記載種とは、学術論文で分類学的記載が行われていない生物種のことです。)

 

 

 

■採集場所

北海道八雲町熊石沖水深250‐300ⅿの深海

 

■採集方法

エビかご漁による採集(漁師さんの船に同乗して採集)

 

■採集日

2014年3月

 

■展示個体数

1個体(全長約10㎝)

 

■展示期間

2月10日~(終了は生物の状態によるため未定)

 

■展示場所

本館2階・展示水槽内

 

■展示種について

北海道では食材として有名なカジカと同じ仲間です。

一目見るだけでは一般的なカジカとの区別が付きにくいかもしれませんが、

展示個体はこれまで知られるカジカと体表の鱗の分布、

頭部の上側の棘や皮弁(薄い皮でできたの突起)の有無や配置、

各鰭の鰭条数など多くの違いが見られます。