最新情報

「新しいエリアがオープンしました!」  

新しいエリアがオープンします!

その名も「さわってEzone(エーゾーン)」。

新たに「タッチングエリア」として

本館2階の一部を改修しました。

 

3D

 

「Ezone」は「Ezo」=「蝦夷(えぞ)」と「Zone」=場所、

そして「えーぞ」=「いいよ」を掛け合わせて名付けました。

 

当館は今年開館40周年を迎えます。

この節目の年に、自分たちが住んでいる北海道という身近な地で

人間が暮らし始めるよりもずーっと前から生きている生き物たちを

まず知ってもらいたいと思ったのです。

 

(生き物を知るには、先ずよく見る(視覚)こと、そして触る(触覚・嗅覚・聴覚)ことが大事です。

食べる(味覚)についてはご家庭に帰ってから、体験していただいて、より深く生き物について

理解していただきたいと思います。)

 

極寒の北海道(蝦夷)でたくましく生き抜く生き物を中心に

「でかい!」「冷たい!」「うまい!」生き物にさわっていただき、

自然環境で生き抜くすごさを是非感じてください!

 

 

さわっていただける「でかい」生き物は、例えばこれ!

 

ミズダコ (1)_R

世界最大のタコ、ミズダコです。

 

さらに、手を入れることも辛い

日本一冷たいタッチングエリア(平均水温5℃ / 最低水温1~3℃以下)では

ニチリンヒトデや

ニチリンヒトデ (2)_R

 

テヅルモヅルなどの普段は触れる事のできない深海生物を

テヅルモヅル

 

そして見るからに「うまい」と思ってしまう

 

北海道ならではの、タラバガニや

タラバガニ_R

ケガニまで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この他にも季節によっていろいろな生き物が

登場してくる予定ですのでご期待ください!

 

※エリアによって、体験可能な時間を設けております。

 

タッチング時間はこちらをご覧下さい。

 

 

※展示生物は変更する場合もございます。