最新情報

「第3回おたる水族館フォトコンテスト」秋シーズン 結果発表。

2017年 9月1日~2017年 11月30日の期間で開催致しました
「第3回 おたる水族館フォトコンテスト」秋シーズンの

グランプリ準グランプリ、特別賞の3作品が決まりました。(応募総数71作品)

 

 

グランプリ

 

ハンドルネーム: 高田恵 さん

タイトル: 「食欲の秋☆たべちゃうぞ」

コメント:  頭の迷路(の様な模様)が気になってずっと見ていたら、大きな口を開けて近づいてきました。

 

 

 

【選評】

ピラルクが大きく口を開いた迫力ある一枚です。

この瞬間を写真におさめるのは、

プロの写真家でも至難の技ではないでしょうか?

大きく開いた口がタイトルの通り食欲の秋を連想させます。

口の中に目を凝らすと開いたエラから向こうの壁まで見えますね。

ピラルクの力強さを感じる作品です。

 

 

 

準グランプリ

ハンドルネーム: 橋本美佳子 さん

タイトル: 「Trick or treat」

コメント: フウセンウオのハロウィンです。

 

 

 

【選評】

募集テーマの「秋の水族館」にぴったりの可愛らしい作品です。

フウセンウオのオレンジとかぼちゃのオレンジがハロウィン感を増幅させます。

おばけの置物を含めた5尾のフウセンウオたちが

こちらに向かって並んでいるようにも見えますね。

順番に「Trick or treat」と言いながらお菓子を待っているような楽しい一枚です。

 

 

 

特別賞

ハンドルネーム: 成田恵美子 さん

タイトル: 「希望」

コメント:  虹の橋を渡ろうとしているトドさん。希望を感じる一枚が撮れました。

 

 

【選評】

このあとダイビングを決めるトドたちの後ろに大きな虹がかかっています。

まるで虹を渡っていくような素敵な作品です。

トドたちがダイビングの合図を待っている後ろに虹が出ていて、

空にはカモメが羽ばたいている、まさに奇跡のような瞬間です。

実はダイビング台の後ろにこんな風に虹がかかるのは秋が多く、

秋の水族館ならではの作品ということと、

スタッフからも人気が高かったので今回特別賞として選ばせて頂きました。

 

 

 

 

今回、応募して頂いた作品は、どれも生きものたちや水族館に対する愛情がこもっており、
素敵な作品ばかりでした。
残念ながら入選されなかった方も、また水族館へカメラをお持ちになって
生きものたちの可愛い姿や、決定的瞬間を写真におさめて下さい。

今回、入選された方には後日、改めて入選の連絡をさせて頂きます。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。