水族館の仲間たち

北と南の魚たち

北と南の魚たち


北から南。さまざまな種類の魚たちがいます。

イトウ

イトウ

幻といわれる日本最大の淡水魚。赤ちゃんも展示しているよ。

オオカミウオ

オオカミウオ

鋭い歯で、ウニやカニを噛み砕く。
当館ではそんなぜいたくなエサはたまにしかもらえないので、不満に思っているかもしれない。

ミズダコ

ミズダコ

脚を広げると3m~5m。体重は50kgになることもある世界最大のタコ。
迫力満点!

ホッケ

ホッケ

北海道の海をを代表する魚。
皆様、お馴染みのホッケ!当館のホッケはすごく大きくて立派ですよ。

ハリセンボン

ハリセンボン

表情豊かなハリセン君。
まれに何に気を悪くしたのか、ふくれてトゲを立てている。

チンアナゴ

チンアナゴ

砂の中から体を出して、愛嬌たっぷり!秘かにみんなの人気者!

DSC_0165

ピラルク

魚なのにエラ呼吸以外に、空気呼吸も行う。
アマゾン川に生息。